刺激の強い白髪染めとは?

刺激の強い白髪染めは、敏感肌の人が増加している事もあり、使えないと感じていたり、使いたくないと思っている人も多いようです。最近の傾向としては天然色素を使った髪や頭皮に優しいタイプの白髪染めが人気です。一般的な白髪染めに配合されている薬剤や人工染料は髪を傷めるだけでなく、頭皮に大きなダメージを与えてしまいます。薄毛の原因もそのようなダメージから来るとも言われていますから、避けるようにしましょう。

刺激の強い白髪染めの弊害

刺激の強い白髪染めの弊害としては、薬剤で頭皮がかぶれてしまう事です。髪が痛む程度でしたら、髪の潤いを失う程度でまだ良いのですが、頭皮がかぶれて痒みや湿疹が出てしまえば問題です。また、何度もそのような白髪染めを使っていると、徐々に肌が敏感肌になってしまい、刺激の強いものは使えなくなっていく傾向があるようです。ナチュラルな白髪染めが人気なのも、そのような背景からなのかもしれません。

このページのトップに戻る