白髪染めが髪を傷める理由

白髪染めが髪を痛める理由は、1剤と2剤を混ぜ合わせるタイプのヘアカラーでは、薬剤が配合されているからです。1剤はキューティクルを開いてしまう特徴がありますが、キューティクルが開いていると髪の潤いが逃げやすいのです。また、2剤に含まれている成分は髪のたんぱく質を分解してしまう性質があるため、どうしても髪へのダメージが起こりやすいのです。髪を傷めたくない方は、薬剤を混ぜ合わせないタイプの方がお勧めです。

ジアミン系で髪が痛む

白髪染めで髪が痛むのは、白髪染めの仕組みにあります。しかし、それだけでなく白髪染めに配合されているジアミン系の成分も髪を痛める原因となります。ジアミン系の成分は染料の一種で、科学的に作られた人工の染料のことです。人によってはこの成分がアレルギー反応を起こしたり、髪を傷めてしまう原因となってしまうようです。髪を傷めたくない、頭皮の健康を考える方は天然染料を使った白髪染めを選んでください。

このページのトップに戻る