髪が染まる仕組み

髪が染まる理由は、ヘアカラーには1剤と2剤があり、この薬剤を混ぜる事で染料が発色し髪に色を定着させる事ができからです。必ず染める直前に混ぜる必要がありますし、一度混ぜたものは取って置く事ができません。1回使い切りですから髪の長さに合わせて量を選ぶと良いでしょう。1剤には発色する元とキューティクルを開く成分が配合されています2剤は薬剤を反応させる成分が配合されています。

白髪染めと黒髪用の髪が染まる仕組み

白髪染めと黒髪用の髪が染まる仕組みというのは、基本的には一緒です。1剤と2剤を混ぜ合わせて薬剤を反応させ、色を発色させて内部まで浸透させます。白髪染めの黒髪用の違いは、仕組みと言うより発色の仕方に違いがあります。黒髪用の場合では元もとの髪の色が濃いため、脱色する成分が多く配合されており色を入れる成分は比較的少なめです。白髪染めの場合では脱色する力は黒髪用より少なく、色を入れる成分が多めに配合されています。だから白髪にもしっかりと色が入るのです。

このページのトップに戻る