白髪染めの仕組み

白髪染めの仕組みを考えてみましょう。多く利用されているヘアカラーで説明します。ヘアカラーと呼ばれるものは、1剤と2剤が別々にパッケージされており、白髪染めを行う時に調合して薬剤の反応を利用して髪を染めます。まず、1剤と2剤を混ぜあわすことで染料が発色し、キューティクルを開きます。色素成分が髪の内部にまで浸透し、分子同士がくっ付きあい髪の内部に色が定着します。

髪を傷めない白髪染めの仕組み

一般的な白髪染めはヘアカラーと呼ばれるもので、1剤と2剤を混ぜて使用します。しかし、髪のダメージが大きいため、最近では髪が痛みにくい仕組みの白髪染めも人気となっています。1剤2剤と薬剤を混ぜ合わす必要は無く、天然色素を利用して髪を染めていきます。キューティクルを開く薬剤が配合されていないため、痛みにくいのですが染まり具合はやや一般的なものよりはマイルドです。

このページのトップに戻る