髪を傷めない白髪染め

白髪染めは薬剤によって髪のメラニン色素を分解し、色をいったん抜いてから色素を内部まで入れるため、髪が痛みやすくなっています。薬剤でキューティクルを開くため、髪の潤いまでも奪ってしまいます。しかし、最近では髪が痛まない白髪染めも登場しています。天然色素成分を配合したもの、トリートメント成分を多く含んでいるものなどは比較的髪が痛みにくくなっています。また、天然成分だけのヘナも髪が痛みにくいです。

究極の髪を傷めない白髪染め

究極の髪を傷めない白髪染めを紹介します。一般的な白髪染めは、美容成分が多く配合されていたとしても、薬剤が配合されているため髪が痛みやすくなっています。トリートメント成分が多いタイプでは髪の痛み具合は少ないものの、100%天然成分でなければ多少の痛みはあります。しかし、100%天然成分で作られているヘナの白髪染めは、髪を痛める要素が無く、優しさを重視する方はお勧めです。

このページのトップに戻る