白髪染めヘアマニキュアとは?

白髪染めのヘアマニキュアとは、髪の表面だけをコートしたもので、表面にしか色が付きません。内部にまで色が入っていませんから、染まりにくいと感じたり、色が落ちやすいと感じてしまうデメリットがあります。髪のメラニン色素を抜かないので髪は痛みにくいのですが、色持ちが悪いのが問題点となります。髪を傷めたくない希望があり、頻繁に染める事ができる人向けの商品です。

白髪染めヘアマニキュアが向いていない人

白髪染めヘアマニキュアは向いていない人が居ます。ヘアマニキュアは髪の表面だけをコートするタイプで、髪の内部にまで色を浸透させませんから、どうしても発色が悪くなってしまう特徴があります。黒髪と白髪の発色の違いも出やすいのです。髪の内部にまで色を入れていないのですから、当然白髪は濃く染める事はできません。したがって、白髪の本数が多い方はヘアマニキュアは避けた方が良いのです。

このページのトップに戻る