白髪染めの種類

白髪染めの種類を大まかに知っておきましょう。ざっと分類すると、ヘアカラー・ヘアマニキュア・一時染めタイプに分かれます。大体がヘアカラータイプです。ヘアカラーは髪のメラニン色素を分解しいったん色を抜いて、髪の内部にまで色を浸透させます。色の持ちは良いのですが髪が痛みやすいのがデメリットです。ヘアマニキュアは髪の表面のみに色をコートする方法です。一時染めはスプレーで一時的に染める方法となります。

今人気の白髪染めの種類

最近人気の白髪染めでは、ある特徴があります。髪に色を付けるだけでなく、美容液並みの成分が配合されていて髪に潤いを与えながら、痛まないよう染めるタイプが多くなっています。また、極力薬剤などを使用せず、天然色素などを利用した無添加タイプも人気となっています。最近の傾向としては、多少お値段が高くても髪の痛みが少なく、仕上がりが綺麗なものが主流となってきています。

このページのトップに戻る